夫婦

今回は夫婦をテーマに書いてみようと思う。

わたしが結婚して、21年目。


21年たって、人生くぐり抜け、今が一番幸せと感じる。


結婚したとき、こんなことが待っているとは。そして私が、犯してしまうとは。


結局は、大切さを知るまでの試練だったのかもしれない。


我が家は、普段の日常生活に関しては、私の仕事。

主人はよく寝ており、休みの日も夕方まで寝ていることが多く、私にしたら勿体なくないのかな。だから、家のことや子どものことはほぼ私にかかってきていた。もう~と、どれだけ文句を言ってきたんだろう。


ほぼ仕事で土日休みなし。夜帰宅は深夜。21年間ほぼ、そんな日々を過ごしてきた。日常生活に関しては、私もいっぱいいっぱいになり、爆発しながら過ごしてきた。


普段、仕事で居ない主人、日常生活にほぼ、関わることがない主人、不満だらけの私だったが、私は人生最大のミスを犯してしまった

経済を流すハプニングに巻きこまれ、落とし穴に落ちてしまった。家族の為に、働いてきた主人の大切なお金を。どうしようもなくなり、主人に話した時は離婚覚悟。

でもその時は叱られたが、次の日からは何も言わずにカバーしてくれた。


でも、現実、経済の苦しさと、共働きにて、日頃の忙しさ。そして輪をかけたように、子どもの不登校の問題と。夫婦関係も冷えていった。一時は離婚届までサインをおして。


そんな中、ふと、気がついた瞬間があった。普段、こまごました事は、私が処理をしている。でも、普段は仕事で、家に居なくても、広い心で私たちを見てくれていると。主人の広い心の中、私はセカセカ、何でも自分でしているように思っていただけ。神様の、お釈迦様の手のひらで、私たちは動いているだけと聞いた事があるが、まさしく家族の中もそうなんだろうと。


その心のベースが出来てから、主人との関係に、しっかりとした心の繋がりが出来た。


経済を流してしまった私が言うのもおかしいかもしれないが、相手を信じきれるようになるまでの期間だったのかもしれない。


今は、しあわせと心から感じる事が出来る。暮らせる家も家族も、仕事もある。困難もあるけど、何とか笑っていられるから。


主人に感謝すると共に、書きながら、お金を流してしまった私を

私自身がもう許そうと。自分を許す事で、もう1つ笑顔が増えるかもしれない。


この前、主人に~最後まで面倒みるつもりだから~と言われ、感謝

これが、私たち夫婦が歩んできた

21年間の結果だったんだろう。


今、私の友人が離婚を考えている

それぞれの人生の歩みなので、選んだ道を応援するしかないのだけれど。でも、もう一度考えてみて欲しい。大切なものを。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。